Welcome to my blog

許せない恋 15

Category - 許せない恋

01

翌日、司がレストランに来た時、牧野は早くも席に座り、朝食を食べながら新聞を読んでいた。

彼女の邪魔にならないように、自分は椅子を開ける時も軽くしていた。

彼は朝食を一目見て、牛乳を入れたグラスを持とうとしたところ、指が突然不思議な感触に襲われた。

「すみません、間違って持ってきました。」

牧野はこの牛乳を彼女のブラックコーヒーだと思っていた。以前は苦いものを飲むのが怖かったが、今はそれを飲んでいても表情には何の変化もない。

あまりにも気まずいので、本当に気まずいです。さっき自分がどうしてコップを間違えたのか。




彼女が戸惑っていると、道明寺は声をかけた。

「おはようございます。今日は早く起きたようですね。」

「私はいつもそうです。ところで、昨夜はよく眠れましたか?」

「まあ、昔と変わらない気がする。」

つくしは返事を聞きながら、コーヒーを飲み始めた。

しばらくすると、道明寺はまた言い続けた。

「コーヒーは好きですか。コップに砂糖は入っていないでしょう。」

「砂糖を入れたら、元の感じがしなくなった。」

「覚えています。あなたはあまり苦いものを飲むのが好きではなかった。」

「ないよね、大好きだよ。」

「人をだますなんて、あなたは私を隠すことはできません。」

彼女はその頃のA時空の西門さんが茶道を教えていた頃を思い出し。

何度もお茶が苦すぎて苦しそうな顔をしていた。

今、彼女の茶道はストーブの火が通っていると言っても過言ではない。いつからか、彼女はコーヒーが好きになった。

「私は何も隠すことはありません。早く食べてください。あとで英徳大学に帰りますから。」

相手の打診について、彼女は一目でわかるようになった。

そのため、自分はこの話題をあえて避けなければならなかった。



朝食を食べた後、彼らは大学行きの乗用車に乗った。

車が道明寺邸を出てしばらくすると、右側の書籍収納所から最新号の法律誌を手に取り、集中して読み始めた。

途中で道明寺の質問が聞こえてきた。

「あなたが朝食を食べた時、新聞を読んだのも法律と関係があるでしょう。」

「ええ、私はあるタイプの事件を研究していましたが、ちょうどこの定期刊行物の中に言っていました。」

「どんな事件ですか?」

「いじめに関連しています。事件の主人公は16歳の女の子で、父の仕事の都合で新しい中学校にも転校しました。結局その女の子はそこにいました。。。」

この事件はどうしてこんなによく知っているように見えるのか、過去にA時空で自分が持っていた記憶が今少しずつ目に浮かんでいる。

しかし、彼女は続けて言った。

「その女性はそこでかつてない孤立といじめに遭った。前者は集団で、後者は精神と肉体の二重侵害だった。」

これ以上読むことはできません。女の子の境遇は本当に惨めです。

拳はすでに青筋が露出しているので、かえって雑誌のページを強く押している。

「お元気ですか?」

「触らないで」






02

牧野の突然の怒号や抵抗感に、司は呆然とした顔をしていたが、すぐに相手がなぜそうなのかに反応した。

結局、彼は本当の張本人だ。

「触らないよ」

「すみません」

「すみません」

一瞬にして、広い車両の中は怪しげな雰囲気に包まれた。牧野は様子を見て急いでお互いの気まずい思いを和らげた。

「私は怒っていました、そうなったのです。」

「大丈夫ですよ。実はあなたの気持ちは理解できます。私なら、いじめた人を許さないと思う。」

幸いなことに類はタイムリーに現れた、牧野はこれから本当に彼を憎んでしまうだろう。

「私もそう思います。この人たちが私に謝りに来ても、私は許しません。謝罪が役に立つなら、警察は何をしなければならないのですか。」

「まだ許してくれなかったのか?」





しまった、彼女はもう少しで口をつくところだった。

道明寺は本当に何かを試すチャンスを逃さない。

「許して?私はあなたの何かを許します。あなたは私に何か申し訳ないことをしましたか?」

「まあ、覚えてなくてもいいよ。」

突然携帯電話から新しいメールのヒントが聞こえてきて、彼女は内容を一目見て何かを思い出した。

「司、論文を提出しなければならないだろう。」

「何の論文ですか?」

「そうですか。類と滋に聞いてみてください。彼らはあなたとともに経済学部です。」

「大学に着いた。授業室に行くよ。」



つくしが校門前に車が停まっていることに気づき、急いで降りようとしたところ、道明寺が呼び止めた。

「経済学部はどこですか。道がわからないから、一緒に行ってくれ。」

「入って400メートル先に行って大きな時計を見て右に曲がればいい。。。」

言い終わらないうちに、自分は道明寺に手をつかまれて車を降りて学校の中へ歩いて行った。

幸い類は彼らの前を歩いていたので、彼女は急いで相手を呼んだ。

「類、あなたを見て本当によかった。司はあなたに任せたから。」

「つくし、一緒に行かないのか。彼はもっとあなたを必要としているはずだ。」

「いえ、もうすぐ授業が始まります。私たち法学部の教授が扱いにくいことも知っていますよ。」

「何の教授だ、彼は普段あなたをいじめるつもりはないだろう、もしそうなら、私は彼を見逃さない。」

「教授は扱いにくいが、人は私にそんなことはしてくれない。」

「そうだね、つくしの言うとおりだ。あの教授は普段から彼女を大切にしている。彼女が優秀だからだろう。」

「あの教授は何歳ですか?」

「これ重要ですか。授業に行くから、学校が終わってから会いましょう。」

「もちろん重要だ。おい、行かないで。」




牧野が遠ざかる後ろ姿を見つめる司の気持ちは少し寂しい。

彼は彼女がまた自分を避けているかもしれないことをよく知っている。そう思うと、思わずため息が出た。

「行こう」

「はい」

彼らが経済学部のある校舎に入った直後、類は突然足を止め、次の言葉を口にした。

「司、嫉妬がはっきりしたな。」

「どういう意味ですか。もしかして、何か気づいていますか?」

「前は、まだ我慢していたのに。でも、記憶を失った後のあなたはもうそうではありません。」

その意味では、もしかしてもう一人の自分も牧野を愛していると言っているのだろうか。

いつの時空でも、牧野つくしと道明寺司という男の絆はこれほど深いのだろうか。

「類、もし私がこの時空の本当の道明寺司でなければ、あなたは信じますか?」

明らかに、相手は今驚愕して彼を見つめている。

「どうやら、あなたは記憶喪失ではないようですね。」

「いいえ、15年前の私は記憶喪失でした。」





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2



関連記事

0 Comments