Welcome to my blog

許せない恋 13

Category - 許せない恋

01

「坊ちゃん、お嬢さん、お帰りなさい。」

道明寺邸に戻ると、タマと他の使用人が応接間に立って彼らの到着を待っていた。

「タマさん、私たちは帰ってきました。」

「坊ちゃん、元気になった?」

「とっくに回復しているのに」

「回復すればいい。そうしないと。お嬢さんはとても心配します。」

牧野は彼のことを心配しているのか、それとも他の人のことを心配しているのか。

心の奥底にある嫉妬心が再び湧いてきた時、彼女は言った。

「とりあえず部屋に戻ります」

「寝室がどこだったか忘れた?」

「タマさん、ちょっとお願いするかもしれません。」

「迷惑タママいらないでしょ」

そう、彼は牧野とずっと一緒にいたいだけだ。

どうして彼女は自分に承知しないのだろうか。

「よし、連れて行けばいい。あなたの記憶喪失の分を見て。」

彼は牧野の後ろについて、そして一緒に廊下を通った。

「記憶違いでなければ、私の寝室は前の部屋だったはずだ。」

「寝室がどこにあったか覚えていないんじゃないか?」

「私はずっと覚えています。あなたもそうではありませんか?」

「着きました、あなたの寝室。」

そう言って数秒もしないうちに、牧野はあるドアの前に来て、指差して言った。

「司、中に入らないのか。長い間飛行機に乗っていたので、先に部屋に帰って寝た。」

「行かないで」

彼女は出かけようとしたところ、道明寺に腕を引っ張られた。

まだ反応しないうちに、自分は引っ張られて寝室に入った。

「もう帰ります」




「この写真?」

道明寺口の中の写真は、もちろん寝室に置かれています。

「これは私たちの写真ですよ。これは私たちが去年京都の夏の花火大会に参加したときに一緒に撮ったものです。そしてこれ、私たちは英徳の卒業パーティーで撮りました。
それとこれ、一番面白いですね。16歳か17歳の誕生日だったか忘れましたが、誰が電気を消したか分からないので、うっかりケーキの山に落ちてしまいました。明かりがつくと、あなたはもうケーキだらけになって、それからケーキを私の顔に塗って、結局滋と桜子に撮られました。」

「この制服を着た集合写真は、中学を卒業したときに撮ったのを覚えています。高校に入ってから着ていないので、司が制服を正式に着たのは最後のはずです。」

「あと、中の写真には私たちの十数年の生活が記録されていますね。」

つくしはベッドの前に出て、中からアルバムを取り出した。

道明寺に渡す前に、相手の今の気持ちがつらいに違いないことに気づいた。

しかし、彼女には仕方がない。

「見ないで」

目の前の男はアルバムを持ってそのまま横に投げたが、顔色はそんなに悪く見えた。

彼女は首を横に振って、アルバムを拾いながら言った。

「私はここに置いてあるから、見たいときに見に行ってね。」

「これらの写真、私は見たくありません。」

「どうして?これは私たち兄妹のツーショットですね。あなたはいつも大切にしています。」

「私がこれらの写真を見たとき、あなたは私の気持ちがどんなものか知っていますか?」

「私は本当に嫉妬しています」



司は気が狂ってもう一人の自分に嫉妬していて、二人がこんなにたくさん写真を撮っているのを見て、嫉妬の炎はますます盛んになるだけだ。

「私はこれらの目障りなものを処分します。これからあなたの写真は私としか撮れません。」

「司、十数年来の私たちの写真は目障りだと言ったの?」

「私はあなたにこれらの写真を処分させません。どうせあなたは重視していません。」

なぜ牧野はこんなに興奮しているのか、彼女はあいつには感情を動かさないだろう。

あの人は彼女にとって、本当にそんなに重要なのだろうか。

そう思った司は牧野を背後から抱き、両手もしっかりと上半身をロックした。

顎を彼女の肩に当てて、自分のものであるはずの美しい息を貪欲に吸っていた。

「あなたは知っているのに、あなたと写真を撮った人は、私ではありませんよ。」

「知っていますか。意外にもここに来ていなければ、私は本当に永遠にあなたを失っていたかもしれません。」

「私たちはもう15年も離れていて、神様は本当に冗談を言うのが好きで、あいにく私にあなたと類の結婚式に参加してから、彼は私にあなたのことを思い出させてくれた。」



02

待って、彼女と花沢類の結婚式?

もしかして、もう一人の自分は花沢類と一緒にいたのだろうか。

「私たちは本当に運命共同体でしょう。あなたは交通事故に遭ってここに来ました。私もほとんど同じです。」

「あの日病院でまだ話し終わっていなかったら、また話してあげたい。。。」

「聞こえてくる声は。。。」



突然、牧野は彼を振り切って、次の話を中断した。

「夢の話をしているのか。夢と現実には結局違いがある。」

「違い?違いは何ですか。私はただ知っていて、あなたは私が唯一愛している女性です。」

「あなたと私の間に血がつながっていないことを証明する方法を考えます」

「わからないと思ってはいけない。何を心配しているんだ?」

実の兄妹でなくても、彼らはまだ起点に戻ることができるのだろうか。

「お兄ちゃん、心配してないよ。」

兄、また兄です。

自分はこの呼び方が嫌いだ。

「もうお兄ちゃんを呼ばないで、司を呼んでくれればいい。あなたの呼び方についても、私は変わります。」

「Tsukushi」

「でも、前みたいに呼んでくれるのは聞きたいけど。」




彼女が道明寺にどう対応すればいいのか分からないうちに、幸いにもタマがドアをノックしに来た。

「坊ちゃん、お嬢さん。お友達が来ました。」

「すぐ行きます」

「何しに来たんだ、こいつら?」

「あとで分かります」



まだリビングに着いていないのに、司はあちらからにぎやかな声が聞こえてきた。

次の秒、牧野を抱きしめた人がいた。

ちょっと待って、こいつは滋だ。

「つくし、何日も会ってないから。」

「滋、私もあなたに会いたい。」

「あなたたちが来ればいい。今日の退院祝いパーティーが始まる。」

「どういうことですか?」

彼はテーブルにいろいろな食べ物や飲み物が並んでいるのを見て、他の人はまだ何かをいじっているようだ。

「もちろん退院祝いでしょう。今日は一緒に鍋を食べましょう。」

「今日食べた鍋の底はどれだったっけ?」



つくしはテーブルの上の鍋を見て、好奇心を持って尋ねた。

「すき焼き。ねえ、今日は大きな鍋を買ってきたんだ。」

「しかも特価のやつだから、8人分は十分だ。」




03

鍋のスープの底や具材が転がるにつれて、香りが漂ってきました。

美作はフルーツ酒を1人1杯に順に注いだ。

「飛行機を降りると人に会わないと言ったのに、買い物に行ったのか?」

「私たちも彼女たちに電話で呼ばれました。みんなはもう1ヶ月も食べていません。」

西門はそう言いながら、牛肉を挟んで優紀のボウルに入れた。

「総二郎、こんなに仲がいいのに、どうして君が挟んでくれないんだ?」

「美作、西門は明らかに彼女だけに挟みましょう。」

彼女は桜子の言葉を聞いて、一瞬にして何かが分かった。

「優紀、総二郎と付き合ったの?」

「明らかにだろう。彼女は顔を赤くし始めた。」

隣に座っていた滋也はテーブルの上のフルーツ酒を手にして優紀のそばに座り、からかった。

「はい、私たちは1ヶ月前から一緒にいました。」

当事者であるカップルはうなずいて認め、お互いの頬には幸せそうな笑みがあふれていた。

「思い出したよ、総二郎の誕生日だったよね。軽井沢の別荘でお祝いしていたんだけど、君たち二人はその時だったのか。」

「誰かがキスをしているのを見たのも無理はない。それは西門と優紀だった。」

「美作と滋かと思うところだった」

その話を聞いてむせび泣くところだった

「ゴホン、ゴホン、ゴホン。桜子はよくしゃべって笑った。」

「いえ、後ろ姿が似ています。浴衣の色もあまり違わないので、見間違えます。」

「あきらの顔、赤くなってるみたい。」

静かにスープを飲んでいた花沢類が突然この言葉を吐いた。

「顔を赤くしないでください。そうしないと、みんなに誤解されてしまいます。」

「何を誤解しているの?あなたも知っています。私はいつも私より大きいのが好きです。」

「でも、何の理由もなく顔が赤くなった。」

滋は美作と口げんかをしたが、幸いにも桜子は急いで話をそらした。そうしないと、彼らはいつまで話すか分からない。

「あと数日で成人の日ですが、振袖の準備はできていますか?」

「とっくに準備ができていて、成人式が来るのが楽しみで、その時になったらスーパーに行ってお酒を買って、いろいろなバーに出入りすることができます。」

成人の日以降の生活を楽しみにしていたが、ここには実年齢30代の2人がいることを知らなかった。

つくしが振り向くと、ちょうど道明寺四目とペアになった。

彼女は嬉しそうに肉を食べていて、どうしたらいいかわからず呆然としていた。



「いい香りで食べたね」

「私の周りにはあなたのように、こんなに楽しく食事をする人はいません。」

「司、あなたのその言葉は間違っています。私たちも楽しく食べていますよ。そういえば私たちもつくしのせいで、洋食よりおいしい料理がたくさんあることを知っています。」

「つくしは、真ん中に鍋を置いて、みんなが手を伸ばせば届くと言っていたが、そんな食事が理想だ。」

「そして、私たちが初めて食べたとき、鍋の中の熱気が私たちにむせていた。これはちょうどいい。」



15年前に別れた前の最後のデートの時、牧野が何を言ったか覚えている。

「でもあなたの家の食べ物はほとんど私の口に合わない」

「申し訳ありませんが、お坊ちゃんのお口には合いません。」

「でもさっき言ったようなのもいいよ。もし私たち二人だけだったら。」

「興味あるんでしょ?じゃあ、今度うちに鍋を食べに来て。」

「いやだ」

「どういう意味ですか?」

「冗談だよ」

「誘ってくれ」

「その時になったら誘ってあげる」

「約束したよ」

まさか、彼と牧野がこのような形で鍋を食べるとは思わなかった。もっと二人だけで食べてほしいが。

鍋のほか、牧野さんが作ったクッキーや肉じゃがも食べたいという。

どうせ日が長いから、いつかそんな日が来るだろう。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


関連記事

0 Comments