Welcome to my blog

2回目の選択 52

Category - 2回目の選択


今日の内容はまた虐待的で、下章はもっとすごいかもしれないので、覚悟しておきましょう。


01

「牧野」

司は牧野が悪党に乗っ取られているのを見て、すぐに焦るような気持ちになり、相手を助けようとすると、あきらと総二郎にタイムリーに引っ張られた。

「手を放してくれ。彼女が今危ないのを見ていないのか?」

「司、落ち着いてくれ。まっすぐ突き抜けたら、その刀は牧野の首を切ってしまうぞ。」

そうですよ。悪人はまた彼女の首にナイフをかけました。少しでも微動だしたら、牧野頸部の大動脈は傷つきやすい。

「あの悪党は金が欲しいだけだ。まずきちんと話をしよう。警察がすぐに駆けつけた。」

彼はあきらに注意されて、迅速に反応して、そして悪人に向かって叫んだ。

「向こうの、いくら欲しいの?彼女を解放すると約束してくれれば、私はあなたを満足させます。」

「1億円でこの女に両替するって、約束する?」

1億円はおろか、10億、100億、1000億、牧野が無事であれば、それは何でもない。

「約束します。でも、あなたは先に人を渡して、私はすぐにお金をあげることができます。お金を渡して、人を渡して。」

「ふん、もし私が人を返したら、1億円が飛んでいったらどうする。もう一度よく考えてみることをお勧めします。そうしないと、私のナイフは本当に言うことを聞かなくなります。」

「ちょっと待って、彼女を傷つけないで。」

「でも、この女の首のネックレス、高そうだね。この星にはダイヤモンドがたくさんあるだろう。」

しまった、この悪党はその土星のネックレスに目をつけた。

その瞬間、司はあきらが言っていたことを思い出した。

すると、その日の光景が徐々に現れてきた。

司は土星のネックレスを悪人に奪われても、彼女が危険な状況にいるのを見たくない。

今、彼は牧野が当時のように土星のネックレスを必死につかんで離さないことを本当に恐れている。

彼が予想していたように、牧野はそうした。

悪人も彼女と土星のネックレスを奪った。




「牧野、早く手を放せ。」

「早く手を放せ」

道明寺の咆哮がつくしの耳に入った。道を隔てて、何を言っているのか自分にはよく聞こえる。

手を放せば、彼女はそんなことはしない。

悪人は土星のネックレスを狙っても、決して相手を思い通りにさせない。

心臓が痛くて耐えられなかったが、幸い意識はまだはっきりしていたので、中学校で習った護身術をすぐに思い出すことができた。

悪人の手も彼女の首に伸び始め、土星のネックレスを直接引き下ろそうと

した時、彼女は片手でしっかりとつかみ、もう一方の手は相手の胸のところを強くたたいた。

この位置をたたくと、成功する確率が高い。彼女は悪人の呼吸が荒いことに気づいたからだ。

悪人もそのパンチで手の中のナイフが滑り落ちた。

土星のネックレスはやっと持ちこたえたが、目の前の人はまたすぐに立ち止まった。

「私を殴ってくれ」

「あなたはお金が欲しいだけで、私はあなたを満足させることができます。このネックレスだけはあなたに奪われてはいけません。」

彼女はそう言いながら、何歩か後ずさりさせられた。

「私がバカだと思ってるの?もし私があなたたちのお金を受け取ったら、警察は現金の番号に基づいてすぐに私を見つけます。でも、あなたの首にあるこの高価なネックレスを持ってきたら、私は別の場所に持って行って転売したほうがいいのではないでしょうか。」

悪人が地面のナイフを拾おうとした時、つくしは一足先に拾った。

「来ないで」

いや、心臓がもっと痛くなった。目の前の画面もぼやけ始めた。

土星のネックレスがパリで奪われた日に何があったのか、彼女は思い出したようだ。

その時、どこからともなく飛び出してきた強盗犯が土星のネックレスに目をつけ、奪おうとした時、彼女は必死にかばっていた。

もしかしたら、それは愛情に由来する本能が働いているのかもしれない。

ネックレスは奪われたが、誰かが追いかけてきた。

その頃の牧野つくしは道明寺司のことを覚えていないのに、送ったものをかばっていた。

彼女もやっと分かった。相手が病院で正式に謝ったとき、あんな変な目つきは、失って戻ってきたのだ。

本当に道明寺の心の中でどう思っているのか分からない。ニューヨークでは彼女をあきらめたような顔をしているのに、結局は名残惜しい姿をしている。

彼は芝居をしていますか。誰に見せますか。

もういい、彼女は疲れた。



「牧野、しっかりしろ。」

駆けつけた警官はついに悪党を制服した。司は牧野を起こし、血の気がなくなるほど青白い頬を見て、心を痛めて叫んだ。

「道明寺、かんべん くれよ。もうこんなゲームはやめて、私たちは子供ではありません。」

牧野はそう言って昏睡状態になり、いくら叫んでも反応しなかった。

「司、牧野を急いで病院に搬送して、一秒も引きずらないで」

彼らが病院に駆けつけた後、医師と看護師は急いで牧野を救助した。






02

30分が過ぎても、救急室の入り口の赤信号が点灯していた。

あきらは自動販売機から買ってきた缶コーヒーを手にして、目の前の男に渡した。

「コーヒーを飲みましょう。あなたは今、十二分に元気を出してください。彼女が出てきたら、彼女はあなたを必要としています。」

司はそのコーヒーを迎えに行かず、頭を垂れ続けた。

F 3は様子を見て、思わず心配になった。

「牧野は大丈夫だから安心して、神は彼女を守ってくれるだろう。」

白壁にも寄りかかっていた類は司の隣に座り、彼に言った。

「牧野がニューヨークに私を訪ねてきたとき、私は彼女に一言言った。」

「何言ってんの?」

F 3は異口同音に尋ねた。

「私はあなたと一緒にゲームをするつもりはありません」

「私はもう子供ではありません」

司はその時の言葉を繰り返し、口調も低くなった。

「彼女が昏睡状態になる前に、私にもそう言っていました。彼女を見逃すことができることを願って、私は最初から彼女の世界に入るべきではないと思っていました。」

「彼女がニューヨークで刺されて心臓病になったのは、私のせいだし、パリで強盗に遭ったのも、私のせいだし、帰国後何度も昏睡状態になったのも、私のせいだ。」

「私です。牧野はまだ中で救助されています。牧野が遭遇したのは、すべて私のせいです。」

「司、どういう意味だ?はっきり言って。」

類は鋭敏にこの言葉の特殊性を発見し、急いで尋ねた。





「お邪魔しますが、このことは私が話しましょう。」

話しているのは、道明寺グループのチーフ秘書を務めた西田さん。

「どうぞ」

西田さんはため息をついて、言い始めた。

「坊ちゃんがニューヨークに行った直後に、あることがあった。」

「坊ちゃんは宴会に参加しているとき、何気なく一言言ってしまった。」

「何の話だ?」

あきらと総二郎は戸惑いながら尋ねた。

すると西田さんは首を横に振って、続けた。

「彼は多くの人の前で、彼女をばか野郎だと言っています。でも私たちは会長の行動ぶりはとっくに見慣れていません。ただ、メディアは後継者発言というギャグを掲げて大きく報道しています。市場はグループの将来が心配だと考え、株価が暴落しています。」

「株価が暴落したのは、司の一言のせいか?」

「道明寺グループの移転で苦境に陥ったが、唯一の解決策は大規模なリストラだった。解雇された人の中には、ケン内田という人がいた。坊っちゃんは彼を崇拝しており、兄としても扱っていた。ケン内田は会社を解雇された後、彼の家も散り散り、とても退廃的な生活を送っていた。そしてある日会長を探しに来て、会社に再雇用を求めた。」

「しかし、会長は承諾することができなかった。ケン内田は完全に絶望した。坊っちゃんの前で自殺した。」

「それから坊っちゃんは変わった。彼は本当に高位にいることを認識しているはずで、グループの何百万人もの従業員の人生を背負って、同時に彼らの命にも責任を負わなければならない。」

「その間、司はほとんど私たちに連絡してくれなかった。そのせいですか?」

ここまで聞いて、F 3も司がなぜそうなったのかわかっただろう。

「はい、だから坊っちゃんは牧野さんへの恋を必死に止めようとしていました。彼はグループのリーダーになるために自分を変えようと努力していました。しかしこの時、牧野さんはニューヨークに来て、坊っちゃんは彼女と再会し。坊ちゃんはやむをえず自分をだましたしかし。牧野さんは通りで人を救うために怪我をした。その後も坊っちゃんは彼女がこの世を去ったと思って、毎日アルコールに夢中になっていました。」

「実は、そんなことはあってはならない。ケン内田が会長の手配をじなければ、こんなに多くのことは起こらなかったかもしれない。」

「ケン内田、彼は死んでいない。自殺はすべておばあさんの手で仕掛けた局で、私がその中に行くのを待っていた。」

お祭りコンビはここを聞いて、すぐに司に目を向けた。

「死んでいないということは、仮死という意味ですか?」

「彼が亡くなって1年近く経ったのに、私は東京で彼を見た。信じられないだろう、皮肉だろう。私は彼の死に罪悪感と不安を感じていたので、結局人は死んでいなかった。」

「彼女には申し訳ない。」

司は冷笑し、目つきには限りない悔しさがにじみ出ていた。

この瞬間、F 3は親友がこの1年以上経験してきた苦しみの深さを完全に感じた。



救急室のドアが開き、牧野が中から出てきた。

彼は彼女の手を握ろうとしたが、相手に離された。

「道明寺、かんべん くれよ。」




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


関連記事

0 Comments