Welcome to my blog

夏バテしたスイカ 番外編 02


彼らが家に帰ると、つくしはチャイムを鳴らした。

しばらくすると、進くんドアを開けた。彼らが手に持っているのを見て、袋を持ってきた。

「お姉さん、道明寺義兄さん、お帰りなさい。鍋の準備ができています。」

「進くんさらにかっこよくなりました」

「道明寺義兄、あなたも。」

道明寺で進と挨拶をしようとした時、彼女は食べ物の香りを嗅いだ。

「いい香りだね」

つくしはそう言いながら靴を脱いで下駄箱の上に置き、道明寺にも脱ぐよう念を押した。

靴を脱いだ彼らが食卓の前に出ると、お父さんとお母さんは早めに立っていた。


「伯父さん、伯母さん。今夜はお邪魔するかもしれません。」

「邪魔しない、邪魔しない。道明寺さんを大歓迎します。」

「ごちそうさまでした」

つくしはテーブルを見て、今日の鍋も食器も真新しいことに気づいた。

道明寺が来ると、父は長年大切にしていた食器を全部出してくれた。

そして鍋の上に敷かれた野菜や肉類から、今日はどのスープを煮ているのかがわかります。


「前は、みんなで集まって鍋を食べてみたいと思っていましたが、今日は何とか体験できました。」

「道明寺義兄は鍋を食べるのは初めてですか?」

「いいえ、前におあなたのお姉さんと一度食べたことがあります。その鍋には何か材料が入っていたのを今でも覚えています。」

「どんな材料ですか」

「あなたのお姉さんは、鍋のスープの底は鶏の骨で煮出したもので、普通のスープではないと言っています。」

「そんなに器用なのか。うちの今晩のスープの底も鶏の骨で煮込んだものだ。」

「道明寺さん、伝統的な食べ方では、最初にスープを飲みます。」


母がそう言ってスプーンを持ってスープをすくっていると、つくしに呼び止められた。

「お母さん、道明寺には手があるでしょう。」

「自分ですくってもいいでしょ」

「だめだよ、私の手は疲れているから、あなたも知っているよ。」

「お茶碗をすくってください。お疲れ様でした。」

手に何か疲れているのか。彼女は相手のこの欠点に慣れていない。

「自分でできるでしょ」

「だめだよ。この手は長いこと疲れた。」

ああああ、鈍感な自分がやっとこいつの意味がわかった。

お父さんとお母さんと進さんが分からなくてよかった。

「今からすくいます」


スープをすくってから、道明寺の目の前に置いた。

これで、鍋が食べ始められます。

「いただきます」



「道明寺さん、今日の鍋、味はどうですか?」

食べかけの時、お父さんとお母さんは期待したような口調で尋ねた。

「味は最高だ。やはり牧野が言ったように、伯母さんの料理は本当に黙っています。」

ちょっと待って、黙って料理の腕を形容できますか。

彼が言っているのはその成語だろう。

「お母さん、道明寺の意味は、あなたの腕は本当に普通ではありません。」

「何の違いもないだろう。日本語だから、表現できればいい。」

「ばか、道明寺、鶏肉を食べて。」

もし彼ら2人だけなら、彼女は必ず2つの成語の使用文脈を説明します。

でも今一番大切なのは鍋を食べることです。自分は我慢しましょう。

「私はたくさん食べたから、もっと食べなさい。さすがに痩せすぎだ。」

道明寺は挟んだばかりの鶏肉を彼女の茶碗に入れた後、関心を持って言った。

「そうだね、つくしは最近ずいぶん痩せたね。もっと食べなさい。」




鶏肉を食べ始めた牧野を見て、司は思わず1年後の同居生活を想像した。

その日がすぐに来てほしい。

毎朝、お互いに交代で朝食、昼食、夕食を作ってあげます。

食事後の彼らは抱き合ってキスをし、お互いの肌に触れ、ゆっくりとベッドに着いた。

「道明寺、何をバカ笑いしてるの?」

「この瞬間、自分は幸せだと思った。」

「え?」

「お姉さん、道明寺の義兄はあなたに夢中です。」

進君には本当に感謝しています。彼の言うことは少しも間違っていません。

牧野に出会っていなければ、一生幸せを感じることはなかっただろう。

「牧野、あなたは私に家のぬくもりを理解させてくれた。」




鍋を食べ終わった後、彼女は買ってきたハミウリを切って皿に入れ、テーブルに並べた。

みんなが食べようとした時、道明寺は突然お父さんとお母さんの前に正座し、厳粛で重々しい表情になった。

何か重要なことがあるように話す。

「道明寺さん、これは?」

「伯父さん、伯母さん。私は最近アパートを買いましたが、牧野さんはその後引っ越して住んでいますし、アパートは英徳大学にも近いです。1年後、私も帰国して、その時は牧野さんと同居して生活しています。」

「だから、あなた方の許可が得られることを心から願っています。」

「大丈夫だよ、もちろん。二人は早く同居すべきだよ。」

「伯父さま、伯母さま、ありがとうございます。」


お父さんとお母さんは約束が早すぎて、つくしは夫婦が自分たちで外に出たくないと思っていた。

「お父さんとお母さん、ためらってはいけませんか。私は家を出て住んでいますよ。親としては多少でも惜しくなるでしょう」

「遅かれ早かれ道明寺さんと結婚するでしょう」

そして、道明寺は彼らと楽しく話をし始めた。

ちょっと待って、どうして彼女はもっと他人のように感じますか。


「進君は3年生になる準備をしていますね?」

「はい、義理の兄。」

いつの頃からか、進の呼び方は、道明寺さんから道明寺義兄に変わった。

道明寺はまだこの呼び方を楽しんでいる様子で、得意げな表情をしているのだろう。

「がんばってね、高校3年生は正念場だよ。」

「わかりました。これからはもっと努力して、気になる大学に合格するように努力します。」

つくしが初めて彼の口からこの言葉を聞いたのは不思議だった。

生まれてすぐに特権を持つ道明寺司も、高3が大切だと思っているだろう。

それよりも、彼女は弟の目標に興味を持っている。

「進君はどんな大学を受験したいですか?」

「そうだ。東京大学の医学部を受けたい。」

「東京大学、それは全国最高の大学の一つだよ。弟、頑張ってね。」

「あなたは私が唯一認めた女性の弟として、きっと成功するでしょう。」

「うん、みんなの励ましと認めを無にしない。」



いつの間にか、掛け時計の時計の針が10時の位置に来ていた。

「こんな時間に道明寺さんが気にしないなら、つくしの部屋に布団を持ってきます。」

「お母さん、道明寺は寝慣れないよ、畳が硬いと思うよ。」

「伯母さん、喜んで牧野と一緒に寝ました。」

彼は本当に邸宅に帰って寝ないのですか。こんな硬い畳で、眠れますか。

母は布団を敷いてからドアを閉めたが、今は部屋に彼女と道明寺の二人が残っている。

「硬いと思いませんか?」

「確かに畳は少し硬いですが、あなたがいるだけで気持ちよく眠れます。」

「それに、こんなの初めてじゃない。」

「道明寺。。。」

「えっ?どうしたの、私と寝たくないの?私たちは午後連絡を取り合った。」

相手の口からの連絡に、つくしは思わず午後のアパートの寝室での出来事を思い出した。

すると、顔を赤らめた彼女は着替えを直接道明寺の前に押し込んだ。

「ばか、お風呂に入りなさい。お風呂に入ったら私の番だ。」



牧野は忘れただろう、彼らはもうアパートでシャワーを浴びた。

司は服をそばに置いて、彼女の前に近づいた。

「ばか、私たちはもうお風呂に入った。」

「いつ洗ったの?」

「その件が終わったら、昏睡していたあなたを抱いて、丁寧に洗ってあげました。」


道明寺、本当にひどい。

夜になっても彼女をからかっている

「優しくしてください。枕で殴ってはいけませんよ。」

「私は放っておいて、あなたを殴る。」


彼は素早く牧野の腰をつかんで、寝返りを打って彼女を自分の下に押した時。

部屋が急に暗くなった。

お互いの唇が触れたようだ。

幸いにも窓の外に月の光が差し込んできたので、牧野の赤くなった顔をかろうじて見ることができた。

「牧野、覚えてる?」

「何を覚えてる?」

牧野は忘れてしまったようですが、もう一度復習してみましょう。

「私たちが初めてキスをしたとき」




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2




0 Comments