Welcome to my blog

Apple ring 06

Category - Apple ring

類  side:

01

会場を出ようとした私たちは突然目の前の画面に驚いた。

司は怒って総二郎の襟をつかんで、前の柱に無理に追い詰めた。

総二郎が何を言ったのか分からないが、司は絶望的に背を向け、数歩も歩かずに倒れた。あきらはそれを見て急いで助けた。

牧野はそばで私に尋ねた、

「類、道明寺さんはどうしましたか。何かあったのですか?」

私はこの質問に答える勇気がありません。本当にどう言ったらいいか分からないからです。

「帰りましょう。ここにはあきらと総二郎がいれば十分です。」

それに対して、私は彼女の手を握るしかなかった。

しかし、牧野は前に出て、司に名刺を渡した。

「道明寺さん、申し訳ありません。自己紹介をするのを忘れるところでした。先ほども私の名前を知りましたが、それ以外は高木法律事務所で弁護士を務めています。これは私のカードです。最近、道明寺グループ傘下のザ・メープルホテルで20年以上働いていたという訴訟を受けました。しかし、長い間送別費を受け取っていなかったため、依頼人一家も陥落しました経済的に逼迫した状況に入った。」

「依頼人によると、彼は聞きに行くたびに以前の上司に止められていました。その後、違和感に気づき、その上司を訪ねようとしたところ、意外にも相手がとっくに退職していたことに気づきました。依頼人にとっては、前上司の居場所を見つけることが大切です。だから、あなたのところでその人のことを知ってもらえないかと思っています。あなたの方は私を助けてくれませんか?」

司はカードを一目見て、また顔を上げて牧野を見つめた。唇もかすかに開き、何と答えようかと考えているようだ。

1分後、司は彼女の名刺を受け取った。

「ちょっと教えてください。あなたの依頼人と彼の上司の名前は何ですか。秘書に調べてもらいます。ホテルの方にはその上司の資料が残っているはずです。」

「依頼人は堂山達雄、上司は松崎博一です。」

「はい、わかりました。もし情報があれば、名刺の電話番号で連絡してもいいですか?」

「もちろんいいです。私はここでまず依頼人を代表してお礼を言います。」

牧野がそう言って間もなく、司は言った。

「すみません。ちょっとお聞きしたいのですが、あなたは今でも上野と申しますか?」

「そうね、どうしたの?」

「何でもない。花沢姓を変えると思っていた?」

その時、私は前に出て話をした。

「司、奈ちゃんは姓を変えなかった。でも私は変えた。」

司の表情が一瞬固まったので、私は説明を続けた。

「花沢はもう私の旧姓で、私は今上野類と申します。」

「奈ちゃん、家に帰りましょう。夏ちゃんも私たちのことを考えています。」

私は司の前で再び牧野の手を引き、一緒に背を向けて外に出て、後ろの人を全然顧みなかった。

「類」

司は私に向かって叫んだが、すぐに声が出なくなった。

そして私たちもホテルの前に来て、帰りの車に乗りました。



02

「類、あの牧野という女の子、あなたたちの友達ですか?」

家に着く直前、牧野は突然尋ねた。

どう対応すればいいのかわからず、車内を無性に静かにするしかなかった。

「道明寺さんは私を彼女だと思ってくれました。私は牧野さんに似ているのではないでしょうか?」

似ているどころか、まったく同じ人だから。

牧野の冗談半分の疑問口調を聞きながら、私は牧野の手に手を置いた。

「彼女は以前、あなたと同じように、優秀で立派な弁護士になりたいと思っていました。」

「本当ですか。これは偶然ですね。牧野さんは後に弁護士になりましたか?」

「うん、彼女の事業は大成功だったよ。」

「それを聞いて、急に彼女に会いたくなったよ。まだ友達になれるかもしれない。」

私は答え続けるのに忍びず、家の前に着いたのを見て急いで話題を移した。

「中に入りましょう」


ドアを入ると、夏ちゃんは無類の興奮で私たちに向かって小走りに走ってきた。牧野も素早くしゃがんで、娘の抱擁を迎えた。

「ママ、パパ、お帰りなさい。」

「電話で花瓶に壊されそうになったと聞いたけど、何もないだろう」

「安心して、ママ、私は大丈夫。」

「じゃあ、驚かれたことはありますか」

「いいえ。夏ちゃんはママのように、何に対してもとても勇敢だから。」

牧野は夏ちゃんのふさふさした髪を優しく撫でながら、

「今夜はママが寝る前の話をしてくれる番だ。夏ちゃんはどの童話を聞きたいのだろうか。」

「ママ、私はあなたが私に話すこと『勇敢な小さな裁縫師』の話を聞きたいです。」

「はい、お風呂に入ったら探しに行きます。」

すぐに、牧野は洗面を終えて夏ちゃんの寝室に入り、30分以上の話をした後、夏ちゃんはやっと安らかに眠った。

彼女もそっとドアを閉めて、振り向いたとたんに私と抱き合った。

「類」

「夏ちゃんは寝てるの?」

「彼女は寝てしまった」

牧野は娘の睡眠を邪魔しないように、わざわざ声の線を極めて低い状態に押し当てた。

私も彼女の腕を引いて、チューリップの絵が描かれた油絵の前に来ました。

「覚えていますか。パリで人生初のお金を稼いだときにあげたプレゼントを。」

「ずっと覚えています。とてもきれいなチューリップでした。」

「牧野、目を閉じて」

「え??」

彼女は不可解な顔をしていたが、目を閉じた。

「開けたら開けてねと言ったよ」

「何ですか。驚喜してくれるんですか」

牧野が目を閉じているうちに、私もとっくに予約していたチューリップ九十九本を持ってきた。

「いいから、開けて。」

牧野がゆっくりと目を覚ますと、目に飛び込んできたのはチューリップだった。

「何年経っても、最初に思ったのはチューリップを贈ることだった。」

「類、ありがとう。」

そう言って、牧野は私の頬を持ち上げてキスをした。

「一生で一番好きな花はチューリップです」


 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも !

web拍手 by FC2 

関連記事

0 Comments