Welcome to my blog

許せない恋 36

Category - 許せない恋

01

どれだけ経ったのか、道明寺はついに自分を放した。

「知ってる?私たちの体には実は血縁関係がないの。」

「もとの司とつくしは、本当に実の兄妹ではなかったということですか?」

「はい、彼らはそうではありません。私たちもそうではありません。」

「でも、私がもらったレポート、25%だって言ってたのに。」

「私が初めて私たちの髪を持って親子鑑定をしたとき、出てきた結果も25%でした。だから、誰かが陰で何かを操っているような気がしました。」

彼女はこの話を聞いて、すぐに誰かを思い出した。

もしかしたら、父と母だけが隠そうと努力しているのかもしれません。

「幸い。。。」

「なんでそんなこと言うの?」

「B時空の司もつくしも私たちと入れ替わった。少なくとも、彼らはこのことを決して知らないだろう。」

「もし司がA時空で海から助けられたら、今も目が覚めているだろう。みんな病院に見舞いに行くかもしれない。」

「そうだ、道明寺。君に言いたいことがあるんだ。」

「え?」

「昨日、花沢類に会いました。」

「あいつは東京にいるんじゃないか。ちょっと待って、あなたが出会ったのはA時空の類ですよね?」

最初は道明寺は疑問に思っていたが、数秒もしないうちに反応した。

「はい、彼はA時空の花沢類です。」

「離陸前に私に言いたいことは、これですよね?」

「そうです。でも花沢類も私に気づいていました。その時、彼の隣に車椅子があったんです。B時空のつくしは目を閉じて、静かに座っていました。こんなに気を遣ってくれる花沢類がいなければ、いつ目が覚めるか分からなかった。彼女はそんな罪にあわなくてもいいのに。」

「そして、あなたも言っていました。彼ら2人は後に結婚しました。そうすれば、B時空のつくしが目覚めてしばらくの間、花沢類と過ごしていたはずです。」

「彼はあなたが本物の牧野つくしだと知っていますか?」

「彼は推測した」

「A時空とB時空は、あの時また合流したんだろう。だから、私が帰国して類の結婚式に参列した時、あいつはとっくに知っていただろう。」

「うん。私はまた相手に司に一言お願いします。」

「どういう意味ですか?」




02

やはりあの人の酢を食べる人がいると言わざるを得ないが、牧野がそう言うのを聞いて、こぶしも思わず握りしめた。

「もういい、聞かないよ。」

よく考えたら、気にしないふりをしましょう。そのため、彼は急速に話題を変えた。

「牧野、姉はもう知っている。」

「何だって?彼女はその報告書を見ましたか?」

「実は、姉は私たちの感情を見抜いていました。」

彼の答えとともに、考えは徐々にその深夜に戻ってきた。

「はい、私は彼女をとても愛しています。」

「パチン。。。」

澄んだ音が耳元に響き、姉に平手打ちをされた彼は頬を触りながら冷笑した。

「司、あなたは何を言っているか知っていますか?!」

平手打ちをした後も震えている姉を見て、彼は素早くさっきの表情を収め、振り向いて机の方に向かった。

しばらくして、彼は親子鑑定報告書を渡した。姉はそれを見て、かえって困惑した顔をしていた。

「親子鑑定報告?これを調べて何をしますか?」

「開けてみればわかるよ」

姉が最後のページを開くと、鑑定報告書も彼女の手から落ちた。彼女は数歩後退し、右手を額に撫でた。

「どうしたの?あなたとつくしは実の兄妹ではないなんて。」

「間違いなければ、父は私とあなたの実の父ですが、母はあなたとつくしの実の母です。」

「つくしは知ってる?」

「彼女も当てたと思う」

「司、いいか。このことについては4人目に知られてはいけない。もしあなたとつくしの身の上が心ある人に知られたら、結果は想像にたえない。」

「ちょっと外に出てゆっくりします。本当に散らかっています。」

そう言って、姉は長い後ろ姿を引きずって彼の寝室を離れた。



03

「姉の言うとおりだ。知っている人が少ないほどいい。道明寺財閥とはとっくにつながっているから。」

「私にとって。今、再びあなたの手を引くことができて、とても幸せです。」

ゆっくりと、互いの指が交わり、牧野も肩にもたれかかった。

その時、店は突然2通の招待状をテーブルの上に置いた。

「Hello, this is?」

「That's right. Our staff will hold a wedding ceremony this afternoon in St. Alfege Church nearby.」

「Oh, I Know. We understand. We will go to the wedding. In addition, please say thank you to the bride and groom for us.」

「Okay, no problem.」


食事後の彼らもグリニッジ通りを歩き、午後の日差しも均一にお互いを照らし合った。

「今のうちに少し時間があるので、タワーブリッジの方に行ってみましょう」

そう言って牧野は前を向いた。彼は様子を見て急いで追いかけた。

「そんなに早く行かないで、待ってて。」

30分後、彼と牧野は目的地の近くのロンドン橋地下鉄駅に来て、出てから人の流れの多い方向に歩いて行った。

道中、また多くの特色ある記念品を販売する店を見た。

タワーブリッジに到着しようとした時、彼の視線は突然ある店のショーウインドーの鍵に深く引きつけられた。

「道明寺?」

「牧野、入ってみよう」

彼はショーウインドーを指して言った。

「よし」

中に入ると、彼らは手当たり次第に愛情錠を手に取った。

その時、店は近づいてきて、愛情錠を丁寧に紹介した。

「Welcome. Are you here for a trip to London?」

「Hello, sorry, I came to London to exchange my studies. As for this, he came to me.」

「You must be lovers. You really look like a good match.」

「Yes, he is my boyfriend.」


牧野は笑顔で答えながら腕を組んで、自分の目を見て、春に咲く桜のように優しくした。

やはり、二人は異国の地でこそ、ここまで拘束されないことができるのだ。

「please help me wrap up this love lock, thank you.」

司は財布から現金を取り出し、言った。

おかみさんはお金を受け取ると、愛を包装して鍵をかけ始めた。

「The package is ready, and there is a pen in it for later engraving.」

「Thank you」

彼らはラブロックを持って、すぐにタワーブリッジのそばに来た。

牧野もペンを出して丁寧に書いた。

「書きました。道明寺に着きまし。」

ペンを受け取った彼は書いたばかりで、ペン液がなくなったようだ。

「交換してください」

「今度はいいよ」

「道明寺司」

「牧野つくし」

「橋に鍵をかけましょう。そして黙々と願いをかけましょう。」

話が終わるか終わらないかのうちに、2本の錠が一緒にロックされた。牧野は目を閉じて、彼女が何を望んでいるのか分からなかった。

「願い事しないの?」

「約束したよ」

「おお、テムズ川に鍵を投げ込みましょう。」

鍵が投げ出された瞬間、心の中でもう一度その願いを繰り返した。

「牧野、私たちの感情が公になる日まで待ってほしいと心から願っています。」

「その時になったら、私たちはきっと一番幸せです」


出てはいけないはずの危険が、彼らに襲いかかっているのではないか。



 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


関連記事

0 Comments