Welcome to my blog

許せない恋 33

Category - 許せない恋

ヒント:本文に出てくる時点はロンドン時間ですよ。💝


01

昨日、起きて洗面した司は階下に降りたかと思うと、タマに呼び止められた。

「おはようございます、坊ちゃん。お嬢様が作ってくれた朝食はテーブルの上に置いてあります。」

彼は周りを見回して牧野の姿が見えなくなり、尋ねた。

「つくしは?もう空港へ出発したの?」

「はい、お嬢様は出発しました。」

タマは答えながら手紙を渡した。

「坊ちゃん、これはお嬢様があなたに渡してくれと言った手紙です。」

「彼女は私に手紙を書いてくれたの?」

「はい」

よく考えてみると、牧野が手紙を書いたのは初めてだったのか、手にした封筒を眺めていると、レストランに来て開けてみた。

「道明寺、あなたがこの手紙を見たとき、私はもう空港に向かう途中だったと思います。今日はクッキー、肉じゃが、お好み焼きを作りました。味の面ではまだ昔の感覚があるかどうか分かりません。でも私は生地を作るとき、あなたが私に言ったことをいつも考えていました。」

「いちじくの味は恋の味のようなもので、後者は私が作ったクッキーの味と同じです。だから、私は生地にいちじくを少し入れました。もしおいしいなら、ぜひ教えてください。まだ一口も食べていないから。

また、私はあなたが子供の頃に大好きだったお好み焼きを作りました。率直に言って、もし姉が私に言わなかったら、私はあなたのこのお坊ちゃんがお好み焼きという庶民的な美食を食べるのが好きだとは信じられません。

結局、私の認識では、お金持ちの多くは高級料理を食べています。でも私は知ってから、あなたは実は私と同じで、普通の人だと思っていました。私は今わかった、どうしてあなたは私を好きになったのか。」

「あなたが子供の頃に庶民的な美食を好んで食べていた頃から、私たちの縁は決まっていたのかもしれません。私が英徳学園に本を読みに来なくても、私は未来のある日にあなたに出会うでしょう。ただ、運命があまりにも奇妙で、それは私をこの時空に連れて行ってくれました。」

「あなたとそっくりの司に直面するたびに、私の気持ちはどうなっているのでしょうか。あなたも知りたいでしょう。では、私はあなたにしっかりと話すことができます。あなたはあなたで、司は司。私はあなたたち二人に対してよく分けています。」

「私のあなたに対する感情は心に刻まれた愛であり、私の司に対する感情は兄妹の感情であり、同時に、私は彼を私の親友と思っています。あなたの言うとおりです。何があっても、私たちは一緒に直面しなければなりません。」

「最後に、私のあの肉じゃがを食べてね。最初は私を怒らせたバカに食べさせたくなかったのに、久しぶりに帰ってきたので、いっそのことやってしまった。」

「ロンドンで待ってるから、ここまで書きました。ほかの話が思いつかなくて、いっそあなたの野獣の肖像画を描いてしまいました。」

牧野は手紙の最後に小さな獣を描いた。彼はここを見て思わず笑って、手紙を畳んで置いた。

彼女の心を確かめることができたからだ。

そう思って、司はクッキーを手に取ってよく見ていた。

やはり、なじみのある形で、口に入れると、なじみの味でもあります。

はい、恋の味が戻ってきました。

彼のDNAはあくまでこの味にかかっているが、できれば今すぐロンドンに飛んでいきたい。

今度は、二度と牧野の手を離さないと誓った。


クッキーを食べた後、お好み焼きと肉じゃがを食べ始めた。

その時、タマは突然言った。

「私は気づいた、坊ちゃん、あなたは肉じゃがに変更したようだ。」

「何がそんなことを言ったの?」

「坊ちゃんは、前はアイルランドのビーフシチューが好きだったんだよ。ニンジンのビーフシチューと言ってもいい料理だよ。」

「私もジャガイモが好きです。彼女が作ったものなら、私は好きです。」

「お嬢様が肉じゃがを作ると知ったとき、私は最初に坊っちゃんを思い出した。」

「え?」

「坊ちゃんはお嬢様の手料理が食べられるのを楽し、今ではやっと食べられた。」

そういえば、B時空の司は牧野の手料理を食べたことがなかったのか。

よかった、心の中はすぐにバランスがとれてきた。

しかし、突然の悲報が彼を地獄の淵に突き落とすところだった。




02

翌日の夜、司はタマがひっきりなしに歩き回っているのを見た。そして、相手の表情はあまり楽観的に見えない。

まさか、何かあったのでしょうか。

「タマ。どうしたの?」

「坊ちゃん、やっぱりニュースを見に行きなさい。」

彼は様子を見て急いで応接間に駆けつけてテレビをつけた。

司会者の報道に伴い、彼はソファーに座り込んだ。

「今、あなたのために緊急ニュースをお伝えします。アブダビ国際空港からロンドンのヒースロー国際空港に向かっていたボーイング747機がトルコ国内で航空事故に見舞われました。情報を確認したところ、この飛行機は中継便であることが判明しました。。。」

「彼女はアブダビ国際空港で乗り換えるつもりだったっけ?」

「はい。成田国際空港からアブダビ国際空港に飛んで。そして乗り継ぎ。」

「うそでしょう、彼女はこの便に乗っていないでしょう、聞いて、彼女はいない、彼女はいない。」

ぼんやりしているうちに、A時空で見たニュースを思い出した。あちらで起きた航空事故は、こちらでも起きた。


この時、テレビでは飛行機が墜落した後の爆発シーンが放送されていて、もうもうと立ちのぼった真っ黒な煙が罪の手先になって、彼の方向に向かって歩いてきている。

彼は悲憤して目の前の花瓶を手に取り、テレビに投げようとしたが、止められた。

「司、落ち着いて。」

次の秒、誰が水をかけているのか分からない。反応してみると、類はグラスを持って自分の前に立っていた。

「冷静になれない。私は今、牧野がその飛行機にいないことさえ確信できない。」

「つくしが乗っていた便を調べたところ、12時頃にロンドンに到着する予定だった。この事故便は対応していた。。。」

「事故のフライトの後ろは?何ですか?はっきり言ってください。」

「あの事故便の到着時間も12時です。」

「同じ飛行機じゃないよね。きっと同じ飛行機じゃない。」

「司、もし彼女がその便に乗ることが確定したら、後で航空会社から電話がかかってきて知らせてくれるよ。」

「でたらめを言うな」

「彼女は絶対に用事がない。それにまだ12時になっていないだろう。12時が過ぎたら、彼女に電話します。」

彼はそう言いながらデスクトップの携帯電話を手に取り、牧野の電話番号を見つけた。

もうすぐ、12時に着きます。彼はすぐに電話をかけたが、聞いたのは機械的な返事だった。

大丈夫です。後でもう一度電話します。

牧野ぜひこの電話に出てくださいね、本当にお願いします。

その時、遠くから突然ハイヒールの音が聞こえてきたが、姉が足早に応接間に向かって歩いてきた。

「司、昨日私たちは交通渋滞のせいで、つくしは元の便に間に合わなかった。」

間に合わなかったのは、変更されたことを示しているのではないでしょうか。

「彼女は最後にフライトを変更しましたか?」

「はい、彼女はシンガポールに飛んでからロンドンに乗り継ぎます。到着は15:30頃です。」

「よかった。私は彼女が大丈夫だと言った。彼女は倒せない雑菜のつくしだよ。」

牧野があの事故便に乗っていないことを知ったとき、ぶら下がっていた心も捨てられるようになった。

司は急いでメールを編集して送った。

3時間以上後、ティーテーブルに置いてあった携帯電話がおなじみのベルを鳴らした。

ついに、彼女はダイヤルを返してきた。

「牧野?!!!今どこにいるの?」

「私は今ヒースロー国際空港にいます。私は大丈夫です。」

「よかった、あなたはその便に乗っていなかった。」

「みんなに心配かけてごめんなさい」

「バカ、心配するのは当然だ」

「私は決めました。今日の午後はロンドンに飛びます。迎えに来てね。」

「え?そんなに早いの?」

「もう早いわけではない」

「できれば、すぐに会いたい。」

牧野と電話をした後、すぐに西田に連絡した。

「家のプライベートジェットはすぐに出発できますか?」

「坊ちゃんはどこかへ行くんですか?」

「ロンドンに行くから、手配できればしてくれ。」

「はい、これから手配します。」

「お願いします」

電話を切った後、振り向くと姉が玄関に立っていた。

「姉ちゃん、まだ家にいるんですね。」

「司、つくしを探しにロンドンに行くの?」

「聞こえましたか。そう、私はプライベートジェットで行く準備をしています。」

「つくしのことを本気で好きになったんじゃないか。彼女は私たちの実の妹だ。」

姉の声を枯らした質問に、司は親子鑑定の結果を思い出した。

ほほほ、実の妹は冗談を言うな。この2つの体に存在するDNAは完全に一致していない。

だから、また実の妹と言えるわけがない。

「はい、私は彼女をとても愛しています。」

「できれば、また彼女と結婚したい。」


 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


関連記事

0 Comments