Welcome to my blog

Apple ring 05

Category - Apple ring


暖かいヒントのもと、本章は総二郎の視点で展開されている。創作の時、私が司君だったらさぞかし憤慨していただろうと思ったが、それがどうなるかは、自分の手によるものだった。💔



総二郎  side:

01

その夜、私とあきらは次々と同じ決定をした。

「私たちは秘密にします」

「ありがとうございます」

私たちにとって牧野が生きているのを見ることができて、何よりです。


3日後、私たちはパリを離れ、ニューヨーク行きのプライベートジェットに乗った。到着後は司のいる病院に直行した。

「あきら。後で司とどう向き合うの?」

「私も知らないから、すべて見てやりましょう。」

今の私たちは牧野が死んでいないことを知っていながら司に隠している非常に厄介な問題に直面している。これも私たちが司を騙したのは初めてです。

だから病室に入った時、私とあきらの気持ちはとても矛盾していて複雑だった。

「あきら、総二郎。お前ら来たな。」

「お椿姉さん、お久しぶりです。」

「私も久しぶりにあなたたちに会いました。あなたたちが来た以上、私は先に行って、あなたたちはよく昔話をします。」

椿姉はそう言ってバッグを手に病室を出た。

私は3人しかいない病室を眺めて、それから深く息を吸って司のベッドの前に行った。

「司、お元気ですか。あとどのくらい休みますか?」

「私たちはあなたの事故のニュースを聞いて、心配でたまらないでしょう。」

「司、どうして黙っているような顔をしているの?」

ベッドに横になっていた親友はまだ何も言わず、ただ静かにベランダの外を眺めていた。

しばらくして、司はやっと口を開いた。声はそんなに無力に聞こえる。

「牧野が刺された時は、さぞかし痛かったでしょう。」

「実は刺された瞬間、この刀が私を直接刺し殺してくれればと思っていた。少なくとも目を開けて、私は彼女を見ることができる。」

「何を言ってるんだ ?生きてるのに、なぜ刺されたくなったんだ。」

「牧野の死は私の手によるものだ。私は彼女に命を借りた、私は永遠に返すことができません。」

「彼女はさっきまで私の前にいた。あなたたちが来ると、牧野は逃げてしまった。」

瞬間、司がなぜベランダの外を見つめているのかが分かった。私ももう少しで牧野が死ななかったことを口にするところだった。

幸い、あきらが私を止めた。私は言葉を飲み込んだ、そして次のように言いました。

「牧野は向こうで責任ある人間になってほしいと思っているでしょう。あなたは今のままでは自分を諦めるのと何か違いがあります。これ以上生ける屍のような生活を続けないで、元気を出してください。」

「私が立ち直れば、牧野は戻ってくるのではないか?」

司の表情は相変わらず苦しく、私たちはこの状況に直面しても何を言ったらいいのか分からない。

数年後、類と牧野は帰国して結婚届を出した。後者のアイデンティティの特殊性のため、類は姓を変更しました。

私たちはこのことを知ったとき、花沢類が上野類に変わったことを非常に意外に思った。

その後、牧野は司法試験に合格し、10カ月の実践修習を経て、順調に弁護士資格を取得し、高木法律事務所に所属した。

すべてが穏やかだと思っていたところ、ある訴訟に破られた。

私もこのことに気づいて、本当にこれ以上隠すことができませんでした。




02

司は壇上に上がって話をしたかと思うと、すぐに止まって、それから降りてきた。

私もあきらも息を止められたかのように呼吸していたが、特に類が牧野の手を握りしめているのを見たときの司の表情はとても悪かった。

「牧野?」

「道明寺さん?呼んでるの?」

「申し訳ありません。本名は上野奈ですが、人違いかもしれません。」

「あなたは今年いくつですか。」

「なに?」

「答えてください。あなたは今何歳ですか?」

「もうすぐ28だよ」

「ははははははははは」

会場の人たちは急に大笑いする司を見ていて、知らない人はおかしいと思って、知っている人は時間だけを考えてすぐに止めたいと思っています。

司はまた非常に心を殺した質問をした。

「結婚したの?」

「はい、道明寺さん。類は今私の夫です。」


そのほか、司は牧野与類に子供がいることも知っていた。

私はあきらと目を合わせたが、彼にも一望された。

次の秒、司は私の襟をつかんで、私を柱に追い詰めた。

「君たちはとっくに知っていただろう?」

「10年前、私たちは知っていました。」

「なんで俺を隠すんだよ。もしかして、類のやつと共謀したんじゃないか。」

「あの時のあなたは、類の手から骨を手に入れたことがあるほど後悔していました。そのような行為は私の目には、ワニの涙ものと変わらない。」

「ましてや、類こそ牧野を幸せにしてくれる人だ。」

「総二郎、そんなことを言って司を刺激するな。」

あきらは焦って忠告しながら、すでに怒っている獣を引き離そうとした。

「私の言うとおりでしょう」

「牧野は今、本当に幸せですね」

司松は私の襟を開き、絶望的に背を向け、数歩も歩かずに倒れた。

私はただ知っているだけで、司の気持ちはきっととてもつらいに違いない。

縁は一期一会のようなもので、逃したら逃してしまう。

これ以上何をしても、何の役にも立たない。



 

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


関連記事

0 Comments