Welcome to my blog

2回目の選択 10

Category - 2回目の選択
牧野は自分が目を覚ました時を思い出して、花沢類がベッドのそばに座って彼女の手をしっかり握っているのを見て、眠ってしまった。

彼女は周りをちらっと見て、内装がとても高級そうな病室であることを発見した。これは決して彼女が住める場所ではない。

そして花沢類はなぜ彼女の手を握り、自分がどうやって病院に入院したのか。

突然、牧野の視線は首の土星のネックレスに留まった

彼女はいつこのネックレスを多くしたのですか。もしかして道明寺邸

の時につけられたのでしょうか。

まさかあの場所から飛び出して気絶したのだろうか。

「牧野、目が覚めた」花沢類も今ごろ目を覚まし、彼女を見て言った。

「花沢類?」

「ん?」花沢類が言いながらベッドの後ろの呼び出しボタンを押そうとすると、牧野の次の言葉が聞こえてきた。

「私がどのように病院に入ったか知っていますか?」

花沢類は牧野という問題に首をかしげられていたが、牧野は昨日のことを忘れていたのだろうか。

「私の手、あなたは一日中このように握っていますか。」

花沢類はむしろ握りしめていて、牧野はどうしたらいいかわからないほどだった

「どうしたの?」花沢類は彼女の表情を真剣に見つめ、美しい頬を寄せて尋ねた。

牧野は急いで握られていた手を緩めた後、「英徳で何度も助けてくれたが、あなたが私の手を握っているのは誤解されやすいし、花沢類はずっと静先輩のことが好きだったのではないか」

牧野の口から英徳、静先輩を聞いた花沢類はすぐに反応し、彼女はいくつかの記憶を取り戻した。

彼女の言葉によれば、現在の記憶は彼女が三条に手を出した後に留まっており、続いて司にレッドカードを貼られ、全校生徒からいじめを受け、自分はちょうど何度も彼女を救った。

「退院してもいいと思います。そうしないと、勉強やアルバイトが落ちてよくないと思います。家族も心配しています」

これで彼の脳は牧野にどう言ったら彼女の身元が変わったのか、迅速に考えている。

「牧野、ここはパリです」

パリ、彼女は東京にいるのではないでしょうか。どうしてここにちゃんと現れたの?

「あなたの今の名前は牧野つくしではありません」牧野は花沢の話を聞いて、思わず口を大きくした。彼女は牧野つくしのことを何と呼ばない。

「私はいつも牧野つくしですね」

「牧野、いいか。あなたの本名は上野奈で、上野コンソーシアムのお嬢さんです。3ヶ月前、あなたの実母はあなたを見つけて、あなたと知り合いになりました。何かの理由で、あなたは以前のこともすっかり忘れてしまいました」

花沢類は彼女と物語を作っているのではないか。

学校に行く前は庶民の娘だったが、目が覚めたらお嬢様になっていた。

この突然の情報量に、彼女はまったく耐えられないだろう。

「お父さんとお母さんは東京にいるんだよね。お金持ちの娘なわけがない」

明らかに、牧野はこの事実を受け入れられない部分がある。

今彼女の記憶は最初の頃に戻った。

ドアが突然押されて、中年の女性が入ってきた。

「ななちゃん、やっと目が覚めたね。お母さんの心もやっと安心した」

目の前の人はまさか自分の実母ではないだろうか。

「あなたは本当に私の実母ですか」牧野は目の前の女性の目を見つめ、その後尋ねた。

「私はあなたの実のお母さんですよ。奈ちゃんがどうしてそんなことを聞いたのか、お母さんはとても悲しんでいます」

「いいえ、私の記憶の中では、母は別の人だったからです。今目が覚めると、何年も育ててくれた両親は実ではないと言われて、その事実を消化できないことがあります」

上野瑶さんは少し呆然としていましたが、今は娘の記憶が錯乱していますか。

彼女は医者に娘の検査をしてもらい、花沢類に向かった。

「花沢さん、一歩借りて話してもいいですか」

彼らは病院の裏庭に来て、上野瑶はさっきの心配事を言った。

「牧野の記憶は高2の時に戻ってきた」

「本当に運命だったのかもしれない」

「ななちゃんの身に起こったことが、また再生されそうだ」

時間は昨日に戻り、SPは急いで奈又病院に入ったことを報告した後、急いで病院に向かった。

今回、ななちゃんが病院に入ったのは、土星のネックレスが奪われ、心臓が刺激されたからだ。

奈ちゃんを見つけた時、上野瑶はこの土星のネックレスが唯一無二で、道明寺コンソーシアム家から出てきたことをよく知っていた。

奈ちゃんが目を覚ました時にこのネックレスの意味を聞いて、彼女は嘘をついた。

ななちゃんが小さい頃から持っていたお守りであることを示しています。

一番不思議に思ったのは、ななちゃんのネックレスを取り返す手伝いをしている人が道明寺司とあまりにも似ていることだった。

上野家と道明寺家の絆は本当にこんなに深いのだろうか?

病室では、医師が注意深く状況を調べている。

牧野は今心臓に問題があると言われているので、あまり刺激を受けてはいけない。

医師に原因を尋ねようとしたところ、母親を名乗る人が入ってきたのを見て話を続けなかった。

まさか自分が何か事故に遭ったから、そうなったのかもしれない。

「一つ質問してもいいですか。医者はさっき心臓に問題があったと言っていましたが、事故が原因ですか。」

「お母さんも言いたくなかったのに、そんなことを聞いたからには、知らせなければならない」

「最初に認めたとき、あなたは受け入れたくなかったので、外に出て交通事故に遭った。目が覚めたら4歳の時に戻った」

上野瑶は考えた理由を牧野に話した。

「じゃあ、私のこの土星のネックレス」

「これはあなたが子供の頃から持っていたものです」

「私が今回病院に入ったのは、このネックレスと関係があるのではないでしょうか。」

直感は、病院に入ることは、このネックレスと関係があるに違いないと自分に言い聞かせた。


翌日、誰かが花を持って自分を見舞いに来た。

その人の顔を見たとき、ショックで言葉が出ないところだった。

「どうしてここにいるの?日本からこっちに来て、またレッドカードを貼ってくれるの?いいか、簡単には負けないよ。宣戦布告した以上、最後まで付き添うよ」

次の秒、相手の表情は疑問に満ちていた。

「上野さん、何か誤解があるのではないかと思いますが、レッドカードを貼ったことはありませんよ」

ちょっと待って、この人は道明寺のやつと髪型が違いますね。道明寺はカールを残しています。

この人は髪がまっすぐだ。

でも顔も確かに似ていますね。

「すみません、人違いです。あなたは私にレッドカードを貼ってくれた人に似ています」

「大丈夫だよ。少なくとも君が人違いだと知っていて、そうでないと悲しくなるよ」

「そうだ、知り合いなのか」

「上野さん、私はあなたに土星のネックレスを持ってきてあげた人です」相手は彼女の首のネックレスを指さし、笑顔で答えた。

「あ、ありがとう。まだ名前を知らない」

「亜門と呼んでくれればよかったのに」

「類、早く司に知らせたほうがいいと思う。前もって予告しておいたのも、その時に彼が突然気づいたのも、万が一の時に牧野を驚かせたらまずい」病院のカフェで、あきら重々しく向こうのクラスに向かって言った。

「リンの言うとおりです。紙は火を包むことができません。特に牧野の現在の身分、上野コンソーシアムのお嬢さんの家には、一生彼女を隠して公表しないわけにはい
かないでしょう。その時に司が知ったら、話は収まりにくい」総二郎もそれについて分析した。

「これがあなたたちがここに来た目的ですか。牧野を必要としないのは司だということを忘れないで」類は実はすでに少し怒っている、祭りのグループが遠くから走ってきたのは自分にそんなことを言っているからだ。

「類、司は牧野が生きていることに快感を感じていたようだ。あきらがあなたに電話をかけた日、司も牧野が生きているのではないかと電話をかけてきた」総二郎は言った。

「この間、司は本当につらくて、牧野を失った苦しみと悔しさに襲われていました。先日は事故にも遭いました」

総二郎は「これはいつのことですか。どうして私は来たことを知らないのですか」と直接疑問を投げかけた。

「司とあなたの電話が切れた直後、彼は前に従業員を切られて刺された」

「私も昨日知ったんですけど、椿姉さんから」

類は黙っていて、ただうつむいていて、何かを考えているように見える。

突然、ポケットの中の電話が鳴った。F 2の視線は目の前の人のポケットに急速に集中した。

クラスはこの時、誰がかけてきたのかを推測して、携帯電話を手に取って聞いた。

「類、何か隠してないか」司は久しぶりに電話をかけたが、電話をかけるとこれを聞いた。

「司、私はあなたに何か隠していますか?」

「牧野が生きていることは、全部知っている」

司の声は怒りに満ちていて、F 2まで聞こえてくるほど怒っていた。

類は司が言うのを待たずに電話を切った。

「お先に失礼します」

司は知っていたが、このことは結局隠すことができなかった。

ここまで考えると、類は少し泣き笑いしていた。


道明寺は牧野が生きていることをやっと知ったが、さてこのことはどこで知ったのか???



現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも


web拍手 by FC2

0 Comments