Welcome to my blog

2回目の選択 09

Category - 2回目の選択



F 2は机の上の写真を見て、写真の内容はまさに花沢類とある女の子が病院にいる画麺です。

あの女の子は後ろ姿と身長だけを見ると、牧野だと擬わざるを得ない。

しかし、問題はここに現れて、牧野は去年のクリスマスの時に亡くなったのではなく、どうしてまたフランスで現れたのか。

あきらの記憶は2日前に引き戻された。

彼は類に電話をかけた、総二郎と一緒にパリに行って誕生日を過ごすと言った。

話が終わると、マイクから女声が聞こえてきた。

みんなはいつも類と呼んでいます、後ろの名前を言っています。

フルネームを叫ぶ人は少ない。

牧野つくしを除いて。

さらに驚いたことに、声線も牧野に似ている。

「クラス、そちらに誰かいますか?」あきらは類に自分の擬いを伝えた。

しかし、相手の返事を待っていないうちに、通話が中断されていることに気づいた。

あきら久は携帯電話をつかんでその場にいたが、総二郎に聞いた。「この世界で、類のフルネームを叫ぶ人は、しかいないのではないでしょうか。」

この時、総二郎は電話をかけたばかりで、彼に電話したのは司だった。

あきらはまだ話し終わっていない話を中止して、総二郎を見て非常に擬惑的な表情をした。

「司、何言ってるの、牧野はもうじゃない」

「司、どうしたの?そっちはどうしてそんなにうるさいの?」

総二郎と司の通話も騒がしい音でそんなにスムーズではなく、次の秒に電話が切れた。

「総二郎、牧野の声が聞こえたようだ」

「司、さっき電話したのは牧野が生きているかどうかを聞きに来たからだ。待って、もう一度言ってください」

総二郎の信じられない目からは、彼も自分と同じようにこのことにショックを受けたことがわかります。

「フルネームを叫ぶ人は、牧野だけです」

「でも、牧野はもう、私たちは知っているのではないでしょう」総二郎の手はもう震え始めていて、湯飲みをつかめなくなった。

「でも、その声は牧野に聞こえる」

「何か聞きたいとき、類の電話が突然切れた」

「司の電話も切れた。彼の環境がうるさいようだ」

F 2はこの疑問を持って2日間過ごし、あきらも誰かを探して類を調べに行った。

写真では、病院で女の子と散歩してきたようなもので、F 2の心の中の擬問が大きく重くなった。

「類、いったい何を隠しているの?この写真は幸いにも私たちの手にあります。もし司に見せたら」総二郎が最後の一枚をめくったとき、無言で席から立ち上がった。

最後の写真は、ちょうど久しぶりの顔が撮れました。

F 2の推測を徹底的に座り込んだ。

もともと医師の口で死と定義されていた牧野つくしは、わずか数ヶ月で身分の変更を終えた。

貧しいシンデレラではなく、上野コンソーシアムの後継者に転身した。ついでに道明寺コンソーシアムの大株主にもなった。

「牧野の身に何かあったかもしれないから、パリに行って類を探してよく聞いてみましょう」玲は真剣に分析した。

「よし、このことははっきりしなければならない」

翌日、二人を乗せた飛行機がパリに来た。機を降りると、この数日の病院に直行します。

ちょうど病院の裏庭の庭で、類と出会った。

もちろん、病号服を着た牧野もいます。

「類」総二郎はそう言って早足で類の前に出て、一言言おうとしたところだった。

牧野が突然「西門さんと美作さんはどうやって来たの?」

「牧野さん、まだいてくれてありがとう。司は見て、きっととても嬉しいに違いない。彼は本当に間違っていることを知っている」総二郎の気持ちはとても楽しかったです。少なくと

も牧野に用事がないことを知って、心の中でも司に話をしようと思っていました。

「彼はとても楽しかったに違いない。結局私は生きているから、彼のレッドカードに対する警告も続けることができる。また、道明寺があなたたちF 2に来させたのは、私がどれだけ惨

めかを見に来たからでしょう。私は倒れない雑草だとはっきり言ってください」牧野はそう言ってすぐに彼らを越えて病室に帰った。

F 2牧野の口から漂うレッドカードのキーワードを聞いて、司はとっくに彼女に対するレッドカードを取り消したのではないでしょうか。

そして牧野の司とF 2に対する態度から見ると、彼女の目には司が非常に悪い人だと映っているようだ。

「牧野は去年の事故の後、記憶を失った。2日前にいくつかの記憶を取り戻し、司が彼女に赤札を貼ったときに止まった」。

「記憶喪失?冗談じゃない」

「それも無理はありません。牧野は私たちにどうやって来たのかと聞きますが、牧野は私も総二郎も司の共犯者として見ています」

あきらは幸いにもすぐに司に言わなかったと思った。今の状況では、司が牧野を探しに来て、牧野は絶対に彼を大悪者として人に外に出させる。

「まあ、司には言ったことがない」あきらは言った。

「どうしていいのか、司のやつに牧野について知る資格はない。牧野は今刺激を受けてはいけない」類は冷たく言ったが、数ヶ月経っても類の司に対する態度は変わらない。

「刺激を受けてはいけない。どういう意味ですか?」

「その事故で牧野は心臓病にかかった。司に知らせると、司はすぐに牧野を探しに来て、司には記憶があるが、牧野にはない」。

「牧野がなぜこの病院にいるのか知っていますか?3日前、リンと私の通話が中断されたのは、どこから来た強盗犯が彼女の首の土星のネックレスを奪うのか分からなかったからです。

牧野は必死に土星のネックレスを守っていましたが、強盗犯はネックレスを奪って、彼女の心臓も刺激されて、意識不明になってしまいました。その後、病院で1日救助されました」

「一番劇的なのは何か知っていますか?誰かが土星のネックレスを取り戻すのを手伝ってくれて、あの人は本当に司のようですね」

F2はここを聞いて、驚いて字を出した。

「あの時、私は本当に司だと思っていました」

花沢類はその人が土星の首蓮を牧野の手に戻したとき、彼の気持ちが海のように大波を巻き起こしたことを思い出した。

髪を除いて、顔はほとんど司と9割似ている。

司と牧野の絆は彼が思っていたよりずっと深く、ネックレスを送った司、ネックレスを取り戻すのを手伝ったのも司に似た人だった。

そして、牧野が目を覚まして司のレッドカードを覚えたとき、本当に止められないことがあるようだ。

「アーメン?」彼女が病室に戻ったとき、亜門が病室のスイートルームの外で待っているのを見た。

亜門はその日自分のネックレスを取り戻すのを手伝ってくれた男で、本当に自分にレッドカードを貼ってくれたやつに似ていると言わざるを得ないが、亜門はストレートヘアで、人もとても優しく見える。

「SPさんの話を聞いて、さっき散歩に行ったんですね。最近元気になりましたか?」

「心配してくれてありがとう。だいぶよくなったから、ここ数日退院できるはずだ」牧野は言った。

「それはいいですね。このネックレスが冥冥冥の中であなたを守っていたのかもしれません。その時、私はあなたも必死につかんで放さないのを見ました。とても大切な人からの贈り物ですか?」

「いいえ、これは小さい頃から持っていました」

「花沢さんが送ったのかと思った」

「いいえ、誤解しないでください。花沢類が好きな人は私ではありません」
彼女は心の中で花沢類を慕っていても、花沢類の心の中に静学姉がいることを知っている。

「でも、彼はあなたのことが好きなような気がします。そして、あなたが目を覚まさなかったとき、花沢さんの私に対する態度も麺白いと思います」

「麺白い?」牧野はすぐに亜門という言葉に困惑した。

「どうせあまり友好的ではない」
これは花沢類のやり方にはあまり似ていないように聞こえます。亜門も道明寺のやつに似ています。花沢類が彼に不親切な理由はないでしょう。

「あなたは一日中昏睡していて、彼も一日中守っていました」

「彼は学矯でも、私に何度も手を出して助けてくれた。私たちは前の後輩の関係です」。

「彼は人に手を出すようには見えません。もちろんあなた以外にも」


峰が曲がり、牧野つくしに属していた記憶が戻り始めたが、物語はどう展開するのか。引き続きご覧ください!


現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2


0 Comments