Welcome to my blog

2回目の選択 08

Category - 2回目の選択

おはようございます。2回目の選択の8節が来ます。文中に修羅場の画麺を奉納します。ゆっくり見てください✨


「母が道明寺家に投資した株式の30%が損をするのではないかと心配しています。それはどうやら私の名前の下です」。

花沢類はここまで聞いて大笑いし始め、笑いながらお腹を押さえた。

「もしかしたら、彼はもうすっかり成長したかもしれない」

同じ家族の後継者として、彼は司が負うべき責任を理解することができる。

しかし、友達として、彼は司の牧野への冷遇を許すことができない。

牧野さんはここを聞いて、実はあまり信じていません。

「ちょっと待って、彼は本当に大人になったの?今朝ニューヨークの街で人とけんかしてきたのをネットで見た」

花沢類は半分も飲んでいないアイスアメリカンを頭を下げて見て、かすかに眉をひそめた。

司、ニューヨークに帰ったあなたはまた退廃的になりましたか?

牧野は司にとって、本当に調教師であり鎮静剤でもある。


牧野がいろいろなことを忘れても、彼女の生活は知らず知らずのうちに司とつながっている。

「暴力狂の話はしません。ところで、花沢類さんは以前社会実践の宿題をしたことがありますか?」牧野は話題を移した。

「社会実践?」小さい頃から広いまで、活動範囲はあちらこちらです。

「自分の行動で報われるようなことは、簡単に言えばお金を稼ぐことです」牧野は社会実践とは何かを真剣に説明している。

カフェのすぐ近くにフリーマーケットがあり、牧野さんは毎日車で学矯に行く途中で見て、ずっとそこに行きたいと思っていました。

「近くにフリーマーケットがあるのを知っています。私の家で働いている姉から、そこはいいものをたくさん洗うことができると聞きました」。

「牧野、行ってみたい?」花沢類は牧野がフリーマーケット

に行きたいという心を見て、尋ねた。

「うん、そこに屋台を出してみたいから。家には使った花瓶や皿、戸棚などがたくさんあります」

「じゃ、行きましょう」彼は席からコートを取って立ち上がった後、牧野に言った。

5分ほど歩くと、彼らはフリーマーケットに来ました。これはパリ市内の中では比較的大型で、中には多くの宝物が手に入れることができます。ラッキーなら、ブルボン王朝時代に残された骨董品を手に入れることができるかもしれない。

牧野はりんごを形にした指輪に目を奪われた。

彼女は社長の許可を得て、指輪を取って、日光の下でよく鑑賞した。

次の秒、りんごの指輪を買おうとしたとき、財布の中に黒いカードが入っていて、現金がありませんでした。

「花沢類」牧野は彼の名前を呼んで、自分に財布を見せた。

花沢類は少女の眉目を見て、3ヶ月前のニューヨークを思い出した。

牧野さんはホットドッグを買いに行こうとしたが、お金がなかった。自分を振り向いて、今も助けを求める目をしています。

「わかりました」彼は財布から現金を取り出して牧野に渡し、牧野は迎えに行ってありがとうと言った。

「ちょっと待ってSPにお金を借りて返します。現金を持って出かけなくて申し訳ありません。」牧野は指輪を買った後、仕方なく言った。

「いいえ、これは私があげたのです」

「これはよくないでしょう。私にはあなたのプレゼントを受け取る理由がありませんから」牧野はなんだかよくないと思って、急いで反論した。

花沢類は心の中で、記憶喪失前後の牧野はこのことに自分の原則感を持っていて、むしろ自分のお金を使っても、他の人の贈り物を受け取る理由がないと嘆いている。

このようにすれば、牧野の記憶は簡単に戻ってくる。

「子供の頃、熊を送ってくれたのを忘れたの?それが理由です」

「申し訳ありませんが、私はまだこのことを思い出せませんでした」牧野は少し謝罪して言った。

「思い出さなくてもいいこともある」

花沢類はそう言って牧野の前に顔を寄せると、彼女は少し戸惑って何歩か後退した。

なぜか、彼が自分に近づくと、黒いストライプのコートを着て赤いストライプのマフラーを羽織った男が頭に浮かぶ。

不思議なことに、その男の顔が見えず、自然巻があることしか知らなかった。

「司、間違ってない?いつまで寝てるの?今日が何の日か忘れたの?」

二日酔いの道明寺が起こされ、美作がドアを押し開け、司をベッドから引き上げた。

「あきら、どうしてここにいるの?東京にいるんじゃないの?」司は不可解に尋ねたが、相手は彼の額を触った。

「これからはそんなにお酒を飲まないでください。私たちは東京にいますよ。忘れましたか。今日は類と牧野が結婚した日です」

類と誰?類と誰?類と誰?

あきらのこの言葉は衝撃波のように、狂ったように司を襲っている。

司はあきらの腕をつかんで、あきらにもう一度言わせた。

「類と牧野は今日結婚しますね。私たちF 3はお祝いに行きます」

「類はどうして牧野と、牧野は三ヶ月前に私たちを離れたのに」

「司、1週間前にぴんぴんしている牧野を見たんだよ。類や牧野の前で言うな。何年も話し合って、やっと結婚したんだから」

何年も話していましたが、それは今いつですか。道明寺は立ち上がって携帯を見つけたいと思って、今がその年だと知りたいです。

牧野は2006年12月25日に離れたのではないでしょうか。どうして今自分が2012年にいて、類と牧野の結婚式にも参加しなければならない。

「彼らはいつ一緒にいたの?」

「2007年類の誕生日の後、あなたも牧野と何ヶ月も別れました。司は牧野に感情を持っていないでしょう。やめてください。あっても隠しておきます。そうでないと類や牧野が怪我をする」

「牧野、ニューヨークで刺されたんじゃないの?」道明寺は美作の襟をつかんで、彼を壁に追い詰めた。

「司、何を言ってるんだ、牧野はあなたの態度に追いやられて、私たちとクリスマスを過ごして東京に帰った」

「この間、牧野はいつも強麺的に笑っていて、全校生徒は牧野があなたに捨てられたと思っていました。類はずっと彼女のそばにいて、長い間牧野はあなたに傷つけられた影から出てきて、類を選んだ」。

「早く着替えなさい。結婚式を見逃さないで」

あきらは=言った後に彼の肩をたたいて、振り向いてドアを閉めて寝室を離れた。

彼らは結婚式教会の休憩室に来て、彼らを見て手を伸ばして挨拶した。

「類、牧野と正式に夫婦になることをおめでとう」あきらと総二郎は類に祝祭の組み合わせからの祝福を伝えた。

「ありがとうございました。これからはつくしを真剣に守ります」

類はもう牧野と呼ばないで、名前を呼び直しましたか?

自分で牧野の名前を呼んだことがないのに。

「うん、私たちのお祝いを持ってきてね。あなたは私たち4人の中で一番早く結婚したのよ」

突然、道明寺はこの祝福の声に満ちた調和のとれた雰囲気を破った。

「類、本当に牧野と結婚するの?」

目が覚めると、牧野が類と結婚すると言われ、信じられないニュースを本当に受け入れることができなかった。
では、病院で発生したのは何ですか?司はどれが現実で、どれが夢なのか分からない。

F 3は驚いて司、特に類の表情を見て、まるで自分を裁判しているようだ。

「私はつくしと5年も一緒にいて、結婚しないと、つくしは安心感がありません」

「司、もうそんなこと聞かないで」

「来たでしょ」よく知っている声が空気の中で響いていて、道明寺は振り向いて見ると、牧野が白いウェディングドレスを着て中から出てきた。

「牧野今日はきれいですね。類は本当に幸せです」祭りの組み合わせは楽しそうにほめた。

「褒めてくれてありがとう。私もとても幸せです。類と永遠に一緒にいられるようになった」牧野は類に優しく目を向け、深い愛情に満ちた目をしていた。

「このウェディングドレスも私にぴったりです。ありがとう、道明寺」牧野は突然司にありがとうと言った。

「司、牧野のこのウェディングドレスは、あなたが選んでくれたのですね。本当のことを言うと、牧野とよく似合います」総二郎と牧野の言葉に彼はもういられなくなった。
そんなに多くのことがなければ、今牧野と結婚しているのは道明寺司ではないでしょうか。
皮肉なことに、牧野のウェディングドレスは自分で選んだほうがいい。

「牧野」道明寺は微笑んでいる花嫁に向かって大声で叫んで、相手の腕をまっすぐに引いてこの場所を出ようとしたとき、牧野は力を入れて彼を振り切った。

「道明寺、今日は私の結婚式だから、こんな低級なゲームをしないで、どうしてあなたにバカにされるの?」

「忘れたの?6年前に私をあきらめたの」

道明寺司は牧野つくしを諦めず、諦めない。

お願い、そう思わないでください。牧野を捕まえて、しっかり抱擁するのが彼の唯一のやりたいことだ。

彼が牧野に触れようとしたとき、目の前の人は一瞬にして白い霧になり、視界から消えた。



「花沢類、これはさっき貸してくれたお金です」

牧野はやはりSPを探して現金を借り、花沢類に返した。

「本当に返してくれたの」

「人情に借りたくないから」

牧野さんはそう言って前に歩き続け、その後、りんごの泥を売る屋台の前で止まって、やっと現金があった彼女はすぐに焼きりんごの泥を2つ買った。
その一つを花沢類に渡した。

「気をつけて持ってきて、今焼いて少し熱いです」

「ありがとうございます。これが大好きです」彼は香ばしい焼きりんごの泥を食べようとしたとき、何かを意識したようだ。

次の秒、誰から電話がかかってきたのか分からない。花沢類がつながった瞬間、牧野の声が携帯電話に入った。

「花沢類はきっと好きになると知っているから」




現在ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。心よりも

web拍手 by FC2

0 Comments