Welcome to my blog

お互いの絆

花より男子の二次小説について、主司xつくし、類xつくし

2回目の選択 14
No image

READ MORE

See more details

2回目の選択 14

なぜこいつがここに現れたのか、誰か彼女に教えてくれないか。。。 もしかして美作さんと西門さんが道明寺に教えてくれたのかな? でも彼女は彼と宣戦布告したのに、道明寺が自分にどうなるか心配しているのだろうか。 「どうして病院にいるんだ。宣戦布告した以上、私はあなたを恐れることはありません。ずっとあなたに対抗します。」 「牧野、私はあなたに正式に謝罪します。」 道明寺は彼女に謝った??? ちょっと待って...
2回目の選択 13
No image

READ MORE

See more details

2回目の選択 13

週末は家の中で用事があるので、更新が遅れていますが、今日中に2編送りますよ彼女ほど今、お父さんとお母さんの声を聞きたいと思っている人はいない。 しかし、電話の向こうには返事が来なかった。 牧野の左手はシーツをしっかりつかんでいて、また話したい時は、電話が突然切れた。 「牧野、どうした?」 花沢類は雰囲気に違和感を感じて、慎重に尋ねた。 「彼らは電話に出たが、一言も言わずに電話を切った。」 「牧野、...
2回目の選択 12
No image

READ MORE

See more details

2回目の選択 12

牧野はなぜか急に鼻がムズムズして、その後くしゃみをしました。 不思議なことに、どうしてくしゃみが出るのか。 「上野さんはさっき何か考えていたのか、あなたは何かを考えているようです?」 彼女はこの時、くしゃみをして鼻を押さえることができなかったことに気づき、亜門に謝罪しようとしたところ、花沢類が近づいてきたのを見て、隣には静先輩もいた「つくし、あなた体はどうですか。」静さんは笑顔で彼女の様子をあいさ...
2回目の選択 11
No image

READ MORE

See more details

2回目の選択 11

司はこいつが電話を切ったことに気づいた後、手に持っていた機械を叩き落とそうと怒った。しかしすぐに冷静になった。 そしてあきらに電話した「あきら、私は司です。花沢類に聞きたいことがある、今彼に連絡してくれませんか。」 類が去ってしばらくしないうちに、あきらの携帯電話が鳴り出した。 「司、何か用事があるんですか。今はゆっくり話すのには向いていないと思います」今、司が牧野のことを尋ねると、片付けられなく...
2回目の選択 10
No image

READ MORE

See more details

2回目の選択 10

牧野は自分が目を覚ました時を思い出して、花沢類がベッドのそばに座って彼女の手をしっかり握っているのを見て、眠ってしまった。 彼女は周りをちらっと見て、内装がとても高級そうな病室であることを発見した。これは決して彼女が住める場所ではない。 そして花沢類はなぜ彼女の手を握り、自分がどうやって病院に入院したのか。 突然、牧野の視線は首の土星のネックレスに留まった 彼女はいつこのネックレスを多くしたのです...